タグ:避難 ( 4 ) タグの人気記事


2次避難はどうなっているのか?

南会津町では南相馬市のみなさんの2次避難を積極的に受け入れています。
2次避難は福島県のWebの中の生活支援情報No.2H23.4.7pdfにあるように、被災者をホテルなどの宿泊施設に案内しました。
この時点では機械的に割り振った感じさえありました。

当初南会津町には1,300人、そのうち舘岩地域には700人が入ってくる予定でした。
現時点でも舘岩地域で250人程度のみなさんが滞在されていますが、わたしはまだ多くの子どもたちが第1原発の近くで生活しているのか、中には、体育館などで段ボールに囲まれて生活しているのかと気にかけています。

はじめは機械的に割り振ったにしても、南相馬市のみなさんには、とくに子どもたちには、できるだけ原発から離れて生活してほしいなと願っているのです。

2次避難というのはじつは福島県がその宿泊費1日5,000円を負担しています。
あわせて、観光客が激減しているので、宿泊施設にとっても貴重な風評被害対策になっています。

南相馬市も県の測定地で0.5μSv/hを平均的に測定しており、24時間その環境の中にいるとすれば、年間で4.38mSv被曝することになります。
先の投稿のように屋内にいるときの軽減率を考慮することも可能ですが、この時点になればその人ひとりひとりの生活地での計測データがなければ避難すべきかどうかの判断はできないと考えます。
子どもとその保護者だけでも避難して来ればいいのにと毎日考えているのです。



福島市や郡山市の方が放射線量値が高いという話も聞きます。
だけどもどっちが高いかという話をしている場合ではないのです。
2次避難に該当しているみなさんがまず避難できます。

福島市や郡山市まで避難地域に指定するとその経費も膨大だしパニックさえ引き起こしますから当面それはないでしょう。
自己判断、自己負担ができるアーリーアダプターのみが避難することになるのでしょう。
[PR]
by fuu1962 | 2011-06-08 06:37 | 役所言葉の話

2つの課題を分けて考えよう。

ネットで原発対応のニュースなどを見ていると2つの潮流があると思う。

ひとつは、例えば郡山市が1.5マイクロシーベルト/時間で南相馬市は0.5マイクロシーベルト/時間だという放射線の測定値を示し、放射線量は高くないから自宅・地域での生活再生を急ぐべきだという流れ。農地をどう再生するかという議論もこれに含まれると思う。ちなみに郡山市、南相馬市等は県の出先機関(合庁)のある市町村である。

そしてもうひとつの流れは、水素爆発の直後から放射線を恐れ県外に避難するニュース、日々の放射線量測定値、学校の校庭の放射線量をどうやって低減させるかという議論、県外を見ればなんで今、福島県に行かなければならないのかという議論、そして教育旅行等の相次ぐキャンセル等々である。

どちらも正しい対応をしていると思うのだが、マスコミはそれを適切に並列に報道しなければならないし、市町村の長は、どちらの主張も適切に受け入れる必要があると思う。


そのとき、この問題は2つの世代に分けて考えるべきではないかと思う。
中心は子ども。次の世代へ遺伝子をつなぐ世代である。子どもを中心に考え、彼らを安全な地帯に避難させなければならない。
0.5マイクロシーベルト/時間だといって安心している場合ではない。通常の10倍の放射線量を浴びているのだ。
年間20ミリシーベルト(20,000マイクロシーベルト)を安全のボーダーラインと思ってはいけない。
年間20ミリシーベルトというのは、本来放射線業務従事者の線量限度レベルであって、一般公衆(参照サイトの表現)は年間1ミリシーベルトと規定される。(国際基準)
そして子どもを含む未成年者さらに青年層はさらに安全でなければならないはずだ。
だから、早急に子どもたちを避難させる取り組みが求められていると思う。

先祖代々の土地をどうするか?生きる術としての農地をどうするか?築き上げた地域をどうしたらいいのか?
そいういう問題は、取りあえず、遺伝子をつないだ我々以上の世代が取り組むしかないだろう。
a0009887_615264.jpg
まだ間に合う。
子どもを救え!
[PR]
by fuu1962 | 2011-05-11 06:15 | NEWS

受け入れの準備を続けます。

おはようございます。みんさん、お元気ですか。

大崎市(三本木町)の親戚と連絡がついて良かったです。おとといまで停電していたそうな。
仙台のHT君はブログを書いているからだいじょうぶで、水戸のAH君はYouTobeもtwitterも更新なかったから電話してみたらなんとか生きていました。

さて、さいたまスーパーアリーナは帰宅困難者に加え福島県などの被災者も受け入れてますね。
5,000人まで受け入れるそうですが、それも今月いっぱいまでだそうです。

福島県でもビッグパレットには2,500人入っているそうです。
県のWebサイトの県内の避難施設の情報から。

先日のブログのとおり、わたしたちも受け入れの態勢を整えているのですが、みなさん県外を希望しているのでしょうか?
子どもの転校を考えても県外よりは県内をおすすめします。

もちろん、受け入れの準備が万全という訳ではありません。
至急、ボランティアセンターを起ち上げなければならないと考えています。
無線LANのインターネット環境もあった方がいいとは思ってるのですが。

さて、さいたま市からは木賊温泉にある舘岩少年自然の家についても避難施設としての利用を申し出ていただいております。
とはいえ業務も予定されているので、4月までという期限付きです。
どういう被災者を自然の家に送り込んだらいいかについては町当局が考えているんですが、さきのスーパーアリーナから、福島県に戻りたい人は町に相談した方がいいでしょう。

しかし福島県に留まった方がいいかどうかは、例の事故の関係で様子見なのかな。
それにしても朝晩「○○マイクロシーベルトですから害はありません」という防災行政無線による方法は有効なのだろうか、却って住民の不安を煽ってないだろうか?
インターネットやTVでわかるのだからと思ったりしています。

それから家の前を通る檜枝岐・田島間の会津バスは1日1往復に減便しました。


それでは、みなさんお元気で。

緊急特集!東日本大地震情報&お見舞いメッセージ
[PR]
by fuu1962 | 2011-03-20 09:48 | 新しいまちづくり

突然なんだけど、避難所が開設されます。

おはようございます。

冬が戻ってきました。昨日から雪が降って今朝は除雪車が出動しました。
もちろん気温も氷点下に下がっていると思います。

本日から舘岩地域内で避難所が開設されることになりました。
予定では下記の3ヵ所です。

舘岩会館  (舘岩総合支所となり)
舘岩保健センター (舘岩広域観光案内所のとなり)
舘岩老人福祉センター (湯花里苑のとなり)

ちなみに舘岩地域は例の地点から150kmほど離れています。

今日の何時かはわかりませんが、浜通りから避難してくるみなさんを受け入れることになっております。
雪と寒さでびっくりするんじゃないのかな?

防災行政無線で毛布の提供を呼びかけたら多くの毛布・タオル等が集まりました。
ありがとうございます。
おにぎりは各集落のみなさんに引き続きにぎってもらって、赤十字奉仕団のみなさんがおみそ汁を提供したいと集まってくれます。

南会津町では他にも避難所を開設しておりますので、入所等の相談は本庁の住民生活課にお願いします。


緊急特集!東日本大地震情報&お見舞いメッセージ
[PR]
by fuu1962 | 2011-03-17 06:38 | 新しいまちづくり


南会津について。ネット環境のこと、まちづくりのこと。個人的な覚え書き。


by fuu1962

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

外部リンク

タグ

最新のトラックバック

避難所のみなさんはネット..
from 会津のはてから。
「サルが人間になるにあた..
from 会津のはてから。

最新の記事

小学校の卒業式でした。
at 2012-03-23 23:50
たかつえスキー場のオープンは..
at 2011-12-17 08:09
職場での事件について。もっと..
at 2011-12-02 00:14

ninnjaAnarize

Notice

・コメントについては承認してからの表示としましたのでご了解ください。
・トラックバックについてはいつでも大歓迎なのですが、当方にリンクしていないエントリーからは受け付けない設定になっておりますからよろしくお願いします。
・このブログはわたしの思いつきであり、わたしが所属するいかなる組織の見解を示すものではありません。
・「守秘義務」や「政治活動の制限」については遵守しているつもりではありますが、疑義があればご指摘ください。
携帯アクセス解析

Fuu's Websites

Fuu's Homepageへ!
会津のはてから。II
なかのひと


Fuu's Links

会津についての
トラックバックピープル


にほんブログ村 地域生活ブログへ


Excite's Links

RSS:エキサイトブログリーダー
RSSリーダー。エキサイトユーザーがリンクしたブログを確認できます。
要ログイン。

ブログ向上委員会
エキサイトブログ開発チームのブログです。

エキサイトニュース
エキサイトニュースはトラックバックすることができます。

エキサイトブログ掲示板
初心者 基本的なことはこちらで。
テクニック 個別Tipsはこちら。

検索

以前の記事

2012年 03月
2011年 12月
2011年 10月
more...

ライフログ

BUFFALO 8型液晶搭載 無線LAN対応 デジタルフォトフレーム PF-50WG/BK

泣いた赤おに

できる100ワザ Google Analytics 増補改訂版 SEO&SEMを強化する新・アクセス解析術

Revolution ~私たちの望むものは~

フォロー中のブログ

女子アナが好きで悪いか!!
夢見るかえる 
あざらしサラダ (愛知県...
豆狸通信
すさまじきものにして見る...
帰ってきた(のか?)愛の...
珠丸の覚書
Manami‐Island 
週刊!Tomorrow'...
闘うリベラルのチャンネル...
社会派ブログ--実はただのグチ
多事論争 neXt
ネットは新聞を殺すのかblog
にぶろぐ@無人店舗
◆木偶の妄言◆
あばうとブログ
Adan Kadan Blog
あさってのほうこうBlog
ブログの玉手箱
二条河原落書
高遠菜穂子のイラク・ホー...
杉本敏宏のつれづれなるままに
かきなぐりプレス
ジャーナリスト・志葉玲の...
thunder road...
Kazuho Oku's...
ブログ時評
ニュースの現場で考えること
奥会津の風景
【匠のデジタル工房・玄人専科】
増山麗奈の革命鍋!
やまにわブログ
Tomorrow is ...
会津高原の小さなホテルへ...
さっぽろ地下鉄のなかでマ...
尾瀬街道
日々ゆうこう
足の「人指し」指
会津高原便り ~ La・...
ひろゆきの活動日誌
本気!根気!!元気!!! 
NO WAR 大田伸一
樋渡啓祐物語(2005年...
散策
キスデジ撮影日誌

うたごえ
会津どうでしょう
おげんきですか  柳田た...
明日の風は…
とくらBlog
日本がアブナイ!
サキタ日記
窓からは日比谷公園
Keep the Red...
BLOG BLUES
30半ば、転職への道
晴メモ
整メモ
エコ花の自然素材でつくる木の家
さとうあきこの活動・育児日記
會津っ子 日記
TAKATSUE STA...
工藤祥三
Under the Su...
花職人Aizu
いまどきの義民の呟き
pessimist
「山楽」だより
尾道市議会議員 岡野長寿
ハサウェイのいとをかし・・・
Magnum Yoda ...
徒然と行雲流水 2006
世に倦む日日
転勤しました
田中雅人・まさとの元気ノート
エキサイトブログヘルプ
散歩道
ブレイクタイム
土っ子田島farm
~陶の郷より~
蒼天滞在記
楽なログ
猪苗代からのぽぽんた通信
ーー歳時記の里 ルート2...
日々是好女
犬山市長 田中志典(たな...
世界の片隅でニュースを読む
奈良の子ども白書をつくろう!
南会津のペンション
やまあそび、かわあそび、...
♪The Sound O...
にこにこ 立石コミュニティ
百花繚乱 お花の運び屋日記
会津高原エンドレス写真付き情報
きこりの店 舘岩日記
幸せを生む住まいづくり~...
福島県立テクノアカデミー...
油断するなここは戦場だ
命最優先 大山弘一のブログ
きたかた社協 災害対策ブログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東北
イベント・祭り

画像一覧